東京 当たる 占い 講座 吉祥寺駅徒歩4分 占い&ヒーリングサロン インスパイア吉祥寺 TEL 0422-45-0290 090-8594-4141

今季 洋 ( 遠藤洋子 )先生プロフィール

過去は、原宿、銀座、自由が丘、青山、吉祥寺の占いブースにて対面鑑定をこなす傍ら、
お絵かきセラピーをはじめとするあらゆるワークショップを多数主催する。
西洋占星術、タロット、
ライフシンボルリーディング、水晶セラピー
などを行う。
とってもやさしく何でもお話ししたくなるお母さんのようなリーディングにはファンも多い


毎週木曜13~19時常勤 (予約なしの飛び込み鑑定歓迎!)


【今季 洋 ( 遠藤洋子 )プロフィール】《鑑定スケジュールはこちら》
2003年頃から、占星術・サビアンシンボル・タロット・十牛図と、
それらを使った絵画リーディングを本格的に学びました。
現在は、それらを使ったセッションと講座をしています。

2014年秋から、産経学園吉祥寺で、色彩を使った
占星術講座とタロットの講座を開催させていただいています。
4月と10月の新規募集で、2015年も継続の予定です。

【鑑定メニュー】
《その1・占星術とタロットを使った鑑定》

●お仕事
わたし自身、初めて社会に出たのは、22歳の時、鉄鋼関係の専門商社の社員としてでした。
そこで、自分自身との適正とのギャップにとても悩む体験をしました。
そして、一念発起して、美術の道に進むことを決め、会社勤めをしながら
美術短大を受験して、方向転換した経験があります。
そのころから、独学でですが、占いの本にはとても親しんできました。
自分自身の資質を知りたい時、占星術ははっきりとその特徴を示してくれると思います。
「自分の持つ本質になるべく近いお仕事につきたい。」
「今の仕事は自分に合っているのかしら?」
さまざまなお仕事上の質問に対して、占星術・タロットを使って、ご一緒に答えを探して行きます。

●恋愛・結婚・パートナー
さすがに最近では、わたしも、恋をすることは少なくなりました(笑)。
でも、若い頃はずいぶんと、たくさんの恋愛をしたと思います。
恋をしている時は、いっしょうけんめいで、たくさん自分でも、カード占いをしました。
最近では、お客さまとしていらしてくださる方のご相談に乗ることのほうが多いのですが、
恋をしている人は、みんな美しいなぁと感じます。
たとえそれが苦しい恋愛だとしても、わたしにはとても輝いて見えます。
「相手の方との相性は?」
「私の恋の傾向は?」
「結婚するなら、どんな人とが良いかしら?」
これらの質問に対して、占星術・タロットを使って、ご一緒に答えを探して行きます。

●大きな人生の流れ・最近のエネルギー状態
大きな人生の流れをよむのに、占星術はとても向いています。
わたしも、その人だけの大きな人生の流れを読むことが、とても好きです。
また、もっと身近な、最近のエネルギー状態を読む時には、タロットを使っています。
頭で考えていたのとは、まるで違ったエネルギーが、潜在意識の中で強まっていることもあります。
そんな時には、なかなか人生は、思うようには動いてくれなかったりもします。
そのような見えないエネルギーをよむのに、タロットはとても適しています。
時には、そのことを知ることで、エネルギーの流れが変化することもあります。

占星術・タロットを使った鑑定メニューは、
どうぞこちら(共通鑑定メニューページに飛びます)》をごらんください。

《その2・お絵描きセッション》

絵を描くことは、ただそれだけで楽しかったり、心が癒されたり、元気になったりします。
そんな絵が持つパワーに手伝ってもらって、ご自身が今、生きていることに
やさしいまなざしを向けてみる、そんなお時間が、お絵描きセッションのお時間です。
お絵描きセッションは、個人セッションです。
セッションの内容は、上記の、通常の占い鑑定と同じです。

何か問題やテーマがあった時に、
ご自身が描かれた絵と、占星術両方のリーディングを使って、解決の方向性を探して行きます。


長い間、絵を描くことと向かい合ってきたこともあり、お絵かきのリーディングは、
わたしのライフワークにもなっています。お絵描きセッションにおきましても、
占星術・タロットも使いながら、みなさまのお役に立てるよう、
心から全力で、取り組ませていただきます。
お絵描きセッションのくわしいことは、《どうぞこちら》をご覧ください。

【開催講座とイベント参加の経歴】

★2004年2月スピリチュアルコンベンション(現スピリチュアルマーケット)出店
★9月スピリチュアルコンベンション(現スピリチュアルマーケット)出店
★12月スピリチュアルコンベンション(現スピリチュアルマーケット)出店
★2005年1月『東京星図めぐり』ワークショップ開催
★2月スピリチュアルコンベンション(現スピリチュアルマーケット)出店
★12月スピリチュアルコンベンション(現スピリチュアルマーケット)出店
★2006年1月『タロットのお絵描き講座』遠方の方のための通信講座同時開催
★12月自由が丘アプェゼにて、セラピーキャンドルづくり講座開催
★2007年6月スピリチュアルコンベンション(現スピリチュアルマーケット)出店
★6月アプェゼ自由が丘店で、セラピーキャンドル作り講座開催
★9月『サビアン占星術お絵描き講座』開催
★12月自由が丘アプェゼにて、セラピーキャンドルづくり講座を開催
★12月松村潔先生をスペシャル講師に迎え『六角ボックス西湖講座』を、富士湖畔にて2泊3日リトリートツアー形式にて開催
★2008年2月松村潔先生をスペシャル講師に迎え『あらためて十牛図の絵を描く講座』開催
★8月『東京星図めぐり』が再開 12サイン(12星座)対応の土地を歩いて、サイン体験する体験型講座開催
★9月松村潔先生をスペシャル講師に迎え『夢解釈おえかき講座』開催
★9月第三の眼自由が丘店にて『セラピーキャンドルづくり講座』開催
★12月第三の眼自由が丘店にて『セラピーキャンドルづくり講座』開催
★2009年2月目白のアトリエえんどうまめにて『物語タロットお絵描き講座』開催
★3月『金曜日のタロットお絵描き講座』開催
★12月第三の眼自由が丘店にて『セラピーキャンドルづくり講座』開催
★2010年1月第三の眼吉祥寺店にて『サビアン占星術お絵描き講座』開催
★3月第三の眼吉祥寺店にて『金曜日のタロットお絵描き講座』開催
★3月『東京星図めぐり』開催 2015年現在も、個人セッションとして継続中。
★4月第三の眼吉祥寺店にて、『サビアン占星術お絵描き講座』開催
★4月目白のアトリエえんどうまめにて『女性のための十牛図お絵描き講座』開催
★8月『サビアン占星術お絵描き講座』開催
★9月吉祥寺第三の眼にて『金曜日のタロットお絵描き講座』開催
★12月目白アトリエえんどうまめにて『セラピーキャンドルづくり講座』開催
★2011年2月『サビアン占星術お絵描き講座 レベル2』開催
★3月『女性のための十牛図お絵描き講座』開催
★3月『小アルカナお絵描き講座』開催
★5月『サビアン占星術お絵描き講座』開催
★2012年8月『神話研究会』開催
★8月『「ダンテ新曲」のお絵かき講座』開催
★11月『「古事記」お絵描き講座』開催。
★8月『女性のための十牛図講座』開催
★11月吉祥寺インスパイア5周年パーティーにて、『セラピーキャンドルづくり』をしました。
★2013年8月『星と神話のお絵描き講座』開催。2015年現在も継続中。
★9月『タロット入門講座』開催
★9月インスパイア吉祥寺にて、アトリエタイム開催。
★11月『占星術入門講座』開催
★12月『2014年星よみお絵描き講座』開催
★2014年5月『アトリエタイム@雑司が谷』開催。2015年現在も継続中。
★10月『月食満月・日食新月のおえか講座』開催
★10月吉祥寺産経学園にて、『占星術入門講座』開催。2015年現在も継続中。
★10月吉祥寺産経学園にて、『タロット入門講座』開催。2015年現在も継続中。
※共同開催の講座などは、今回はここには掲載せずに、省略させていただきました
★スマホアプリ「LINE占い」にエントリー中

【雑誌・テレビ・電子図書】
1994年 雑誌『公募ガイド』「今月のえりぬき」に、
第3回東京国際フォーラム ウォールギャラリー受賞の絵とコメント掲載
1994年 日テレのドラマ「家なき子」の安達祐美主演のすずちゃんが描いたお母さんの絵を描きました。
1998年 情報マガジン『WOOP』の「ACTIV GALLERY」に、素焼きの作品の写真とコメント掲載
2005年 雑誌『Caz』の取材を受け、「吉祥寺で評判の占い師」掲載
2006年 日テレ『メレンゲの気持ち』の「石塚英彦の通りの達人」で、
「お絵描きリーディング」の取材、放映されました。
2008年 雑誌『OZマガジン』「占い大特集」で、アトリエえんどうまめが取材を受け、
「お絵描きリーディング」と「カラーライフシンボル・リーディング」紹介記事掲載
2014年 電子図書『色彩サビアン占星術』全12冊を自己出版しました。

【絵画造形の主な展覧会活動】
1992年 第56回新制作展入選
1993年 三人展(Gアートギャラリー/東京)
1994年 第3回東京国際フォーラムウォールギャラリー入選
1995年 第13回上野の森美術館大賞展入選
1996年 個 展(巷房/東京)
1997年 個 展(Oギャラリー&UP・S/東京)
1998年 個 展(Oギャラリー&UP・S/東京)
2004年 個 展(すどう美術館/東京)
2005年 個 展+展覧会(すどう美術館/東京)
2006年 展覧会(熊谷守一美術館/東京)
2007年 展覧会(東京芸術劇場第一展示室/東京)



TOPPAGEサイトトップへ  TOPページの先頭へ